シミやくすみの原因!クマを治す方法【美容クリニックの最新治療】

先生

あらゆるクマを除去

女の人

種類ごとに対応

目の下にはクマができやすく、多くの人がそれを消すための治療を、美容外科で受けています。目の下のクマには、いくつかの種類があり、美容外科ではそれぞれに適した方法で治療がおこなわれています。まず茶色のクマですが、これはメラノサイトの働きによってできる、肌のシミやくすみの一種です。そのためシミと同じように、レーザー治療で消すことが可能となっています。そして青色のクマですが、これは血液の循環が滞っていることが原因です。治療には、血行促進作用のあるインテンスパルスライトの照射がおこなわれることが多いです。また、脂肪の塊による黒いクマができることもあるのですが、これはまぶたからの脂肪吸引によって解消できます。このように美容外科では、あらゆるクマを適切な治療で消してもらえるのです。

老化によるトラブルも解消

年をとると、一層大きなクマができやすくなるのですが、これは皮膚のたるみと筋力の低下とが原因です。たるむことで目の周辺の脂肪が沈んできて、目の下に集まりクマを作るのです。直接的な原因は脂肪の塊ですが、吸引しても皮膚や筋肉のたるみは残ります。そのためこの場合は、皮膚と筋肉と脂肪とを、まとめて引っ張り上げるという治療がおこなわれることがあります。具体的には、目の下の皮下組織に糸を入れ、それをこめかみや額の方へ向かって引くのです。そうすることで、目元が全体的に持ち上がり、クマは消えます。さらに、目元のしわも一緒に消えることになるので、若返って見えるようにもなり一石二鳥です。このように、老化による目元のトラブルも、美容外科では解消することが可能なのです。